お呼ばれするシーンによって着るものを選ぶのって大変ですよね。安いドレスやいつも同じものを着ていると思われたくない時には淑やかで品格のある着物がおすすめです。着物を着ると背筋が伸び、普段の所作も自然と綺麗になっていきます。正装、準礼装、略礼装と種類のある着物のなかでも色無地は活躍の機会が多い着物です。第二礼装の略礼装である色無地は黒以外に染められた着物を指します。地織りはあるものの、もちろん柄はありません。しかし、美しく織られた生地は繊細な表情を見せてくれるんです。様々なシーンで活躍する着物。でも着物には決まりが多く、実際に着て行くとなると不安になってしまいますよね。失礼にならないためにもシーンにあわせた色無地の選び方をご紹介します。

入学、卒業式に色無地を着ていくなら

お子さんの入学、卒業式。スーツもいいのですが、どうしても地味になってしまいますし、格式という意味では着物にはかないません。でも着物は着物で紋付でなければならないなど、細かな決まりが気になりますよね。入学式であれば紋付である必要はありません。袋帯を締めることで格上げすることができます。華やかな色合いで可愛らしく見せたいですね。生地では辻が花や江戸小紋がおすすめです。そして卒業式には吉祥文を入れることをおすすめします。少しの気遣いでグッと上品な印象になりますね。呉服屋さんによっては縫い紋をおすすめされることもありますが、やはり礼装用に紋入れをするなら抜き紋がよいでしょう。紋の数は三つ紋で準礼装、五つ紋で礼装です。着まわしたいのであれば縫い紋で一つ紋にしておきましょう。シーンに合わせて重くなりすぎないようにしたいですね。

慶弔に着ていく色無地の選びかた

慶弔となればより正しいマナーが要求されますね。大切な席で恥ずかしい思いをしないためにも選び方、合わせ方を知っておきましょう。なるべく一つの着物で済ませたい方にも色無地がおすすめです。まず基本から。結婚式の場合は明るく華やかな色を選びます。そしてお葬式では赤系統以外の色が入ったものを選びます。着まわしたい、両用したい方におすすめなのは灰紫、紺色、グレーの色無地です。高級感がありながら主張しない、嫌味にならないというのは難しいポイントですよね。そして紋ですが、慶弔では吉祥文は厳禁です。もし卒業式などおめでたい席にも着ていきたいのであれば縫い紋にしておきましょう。慶弔におすすめな紋は松皮菱。奈良時代から使われる古い紋で慶弔両用できます。色と紋について知ることでシーンに合わせて着まわしのできる色無地を選びましょう。