白生地を一色に染めた着物を色無地とよびます。この色無地は生地の地模様や紋の数、あわせる帯や小物でガラッと格やイメージが変わることから、式典、パーティーなどあらゆるシーンで幅広く着回しができて重宝します。そんな利用価値の高い色無地は初心者でもあらゆるコーディネート術を身につけやすい着物でもあります。ある程度慣れてきたら色無地の絹糸の良さ、地模様の種類、色合いなどの知識を身につけると、コーディネートに生かされてきます。とくに地模様はたくさんありますがとても大切で祝儀用、凶事専用、両用といろいろあるので、必ず確認しておきましょう。さらに帯や羽織りなどのあらゆる知識を身につけると、次に何が必要かもわかってきます。そのための帯や小物の知識をみていきましょう。

色無地をいろいろと変化させる帯の効果

帯というのは色無地をより改まった雰囲気にするか、軽くするかでの微調整をする役割をもっています。色無地は着物の主張が少ないために、多様な色の帯がうまくのってくれます。帯の格でいうと丸帯、袋帯、洒落袋帯、名古屋帯、八寸帯、半幅帯の順番になります。さらに袋帯での格付けの分け方は、染めの帯より織りの帯の方が格上です。また金銀泊や金銀糸の使用、模様の格調などでも見分けることができます。色無地は織りの袋帯で訪問着など準礼装でも着用できますが、紋の数もたいせつです。一つ紋の色無地は、織りの洒落袋帯や名古屋帯であらゆるシーンで活躍できます。またあわせる色合いや帯締め、半襟などでまったく違う趣の着物に見せることもできて、コーディネート術が磨けるところも魅力的です。

ひそかなブームの羽織りは色無地で

羽織りは着物の上にはおるもので洋服にたとえるとジャケットにあたり、少しずつブームになってきています。とくに色無地は羽織りが一段と映えるため、おしゃれと防寒に重宝します。紋なしの色無地でも紋付き羽織りをはおることで略礼装になるなど、羽織りの種類で格付けを変化させる効果があります。また個性や主張のある羽織りは、色無地の上でこそ引き立つ場合もあります。色無地と羽織りの兼ね合いで、同系色や差し色の帯揚げ、帯締めも素敵です。さらに道中着、道行きは同じく着物の上からはおるもので洋服でいうコートにあたります。防寒、防雨、防風にとても便利で、着物や帯を汚さないため実用面やおしゃれにも重宝します。ただマナーとしては羽織りとは異なり外出着のため、室内でははおることができません。