着物の初心者である場合、色無地はオールマイティに使える便利な着物です。紋を付けていなければ、街着としてワンピースの感覚で着られます。柄がついた着物と違って色無地は季節も関係なく、ほとんど制約がありません。紋を付ければ礼装となり、結婚式などにも着ていくことが可能です。若い方であれば明るく若々しい色が合いますが、着物の面積が広いことを考えて、少し渋めの色を選んだ方が品格が上がります。それに小物とのコーディネイトもし易くなります。年齢が少し上がって、会社や親戚などの弔事に出席する機会があるならば、寒色系の色無地を作っておくと良いかもしれません。家紋をつけておけば、お通夜や法事などの礼装として、または帯をお目出度い柄にすればお祝いことの式に出席できます。

色無地の生地の種類は2種あります

色無地は縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)などの白生地に、柄をつけずに好みの色で染めた物です。縮緬は独特のシボ(しわ)が特徴で、まず何よりも色選びが大切なことです。寒色系の縮緬は便利な着物で、特にお茶会やお稽古などをしている方は着る機会が多くなります。背に一つ紋を入れれば準礼装として、帯びや小物を変えて慶事(お祝いの式典・集まり)の他、弔事(お通夜・法事)の両方に着ることができます。白地の袋帯の鏡裏紋に金糸の入ったものを選び、伊達衿をかければよりフォーマルな印象の祝いごとの装いとなります。また綸子の淡色は喪服の帯びや小物を合わせた場合、半喪(はんも)の装いといい、お通夜や法事に着ます。半喪に使う場合は、地紋も吉祥文様でなく菊など静かなものを選びます。

綸子の濃い色と淡いものでの使い分け

綸子は地紋のある白生地をいい、美しい光沢があります。華やかな濃い色の色無地はパーティなどに最適で、赤と金の帯締めに金茶の帯揚げでアクセントとつけます。さらに格式の高い場面では、金系錦織の古典柄の袋帯や錦の銀箔地織りの袋帯なども適っています。友人との会食などで軽く装いたいのであれば、名古屋帯でも良いでしょう。小物もはっきりとした色合いを選ぶ方が、一層華やかさを演出できます。その際、帯揚げの結び方もひと工夫して楽しい装いにしましょう。また淡色であれば、上記した通り半喪の装いに着ます。半喪のときは明るい色をさけて、渋めの灰色や落ち着いた青・水色・紫などにします。半喪の地紋に向く物は、雲取りや紗綾形・波紋などがあります。この時、帯揚げや帯締めは喪服用の黒を合わせて使います。