和装にはたくさんの細かい決まり事があり、初心者は何から揃えていいのか迷ってしまいますよね。また、洋服と較べて決して安くはない買い物ですから、いろいろなシーンに使える一枚が欲しいはずです。そうしたニーズにぴったりなのが色無地です。色無地は、文字通り柄がなく一色だけで染められた着物です。訪問着や付け下げと同じようにお茶席や結婚式といったフォーマルな席で着用できるほか、卒業式や各種のパーティのような改まった席でも重宝します。それだけではなく、街のおしゃれ着としても使えるとても便利な着物です。一枚の着物を、さまざまな目的にふさわしい装いに変えるのは、帯と帯締めなどの小物です。これらをTPOにふさわしいものにすることで、同じ着物でも全く格の違う装いとしてさまざまな用途に使うことができるのです。

改まった席で色無地を装ってみましょう

結婚式や大きいお茶会など、格の高い装いでの出席が必要な時は、金糸の入った袋帯を合わせましょう。帯の柄は七宝や御所車などおめでたい柄のものを選びましょう。色無地に家紋が入っていれば更に格が高くなります。オーソドックスで質のいい小物使いをすることで改まった雰囲気を演出することができます。バッグはやはり金糸の入った和装バッグがふさわしいでしょう。パーティなどでは、より華やかな演出をしてみましょう。大胆な幾何学柄の帯や、反対色の帯揚げや重ね衿、大振りの帯留めを組み合わせることにより、フォーマルな中にも楽しい遊び心を演出することが可能です。バッグや髪飾りなども洋風のものと組み合わせるなど、意外性のある装い方もできます。また卒業式の袴にも色無地を着ることができます。

おしゃれ着としての色無地を楽しみましょう

おしゃれ着として色無地を着るときは、あまりフォーマルでない柄の袋帯や金糸などの入らない名古屋帯を合わせてみましょう。大人っぽい粋な雰囲気を目指すならば、色使いを抑えた手描き風の名古屋帯を一重太鼓や銀座結びにして少し低い位置で締めると洒落た装いになります。よりカジュアルな半幅帯などを高い位置で文庫結びにすると、若々しい雰囲気になります。濃い地色なら白っぽい帯、反対に淡い地色の着物には濃い色合いの帯にするなど、色相の全く違うものを合わせてみてください。フォーマルな装いとは全く違った楽しい着方ができます。合わせるバッグは、巾着型やラフなワンポイント入りなど、自分のセンスで自由に合わせることができます。帯や小物を変えれば、一枚でさまざまなシーンに合わせた着こなしのできる色無地。自分なりの組み合わせで新しい魅力を引き出してみましょう。