色無地は和服の一種であり特徴としては柄が無く、黒以外の一色の色で全体を染め上げている着物です。ものによっては地紋があるために濃淡の違う色で模様が描かれているように見えることもありますが、基本的に色無地と呼ぶ場合には複数の色を使わずに一色で染め上げたもののことを指しています。帯などの小物の合わせ方で雰囲気が大きく異なるのがこの色無地の最大の特徴であり、また格としては「準礼装」にあたるために非常に幅広く活用できるのも魅力です。一つ紋を付ければ正式なお茶会や祝儀の席に参加できるようなものとなり、また三つ紋を付けると紋の無い訪問着よりも格が高くなります。女性が和服を着ていく中では必ず知っておかなくてはならない存在ですから、着物を生活に取り入れていくのであれば必ず覚えておくようにしましょう。

色無地を着ていくべきTPOとは

基本的にスーツのようなフォーマルウェアさえあれば良い洋服とは異なり、着物はTPOに合わせて最も適したものを選ぶことが必要とされます。これが着物の最も難しい所であり楽しいところと言えるのですが、色無地が適したTPOは公的な儀式の場というほどしっかりとした場ではないものの、礼儀を心得て振舞わなくてはならない場所です。具体的には一つ紋であれば子どもの入学式や卒業式といった場所、三つ紋を付ければ親族として出席するわけではない結婚式といった場所が挙げられます。また紋を付けていないものであっても気軽なお茶会やカジュアルなパーティーに着ていくことができますから、楽しい場を演出するのにはぴったりと言えるでしょう。紋の数によってTPOを使い分けることができますから、まずは一つ紋のものを用意した後で五つ紋など別の色無地を集めていくことをお勧めします。

弔事に色無地を着用していくことはできる?

色無地を弔事に着用していくことはできないのかという疑問は時折見られるものです。これについてはまず親族やお世話になった方の弔事の場合は色無地ではなく喪服を着るのが一番良いでしょう。しかしそうではなく知人の弔事に着用していくということであれば、ひとまず地味な色合いの色無地でも良いとされることが多いです。これは地方によっても大分扱いが異なるのですが、基本的には一つ紋が付いていて灰色や抹茶色といった重めの色のものであれば色無地を着用していくのでも問題はありません。ただ注意をしたいのが色無地の地紋についてで、着物は地紋によって慶弔の使い方が異なります。弔事に向いている地紋としては雲取りや波文が挙げられますが、こうした弔事向けの地紋の色無地に地味な色合いの帯や小物を合わせるべきというマナーは必ず押さえておいてください。

当社では、着物を非常に豊富に取り揃えており、様々なシーンに合った着物をレンタルすることができるのが強みとなっています。 他社との違いは、サイズが豊富な点と、実際に手にとって品質やお顔映りをご確認いただける下見サービスを提供していることです。 サービス概要は着物レンタルで、結婚式や結納や七五三など様々なシーンに合わせて、様々な種類の着物を選べます。 色無地もカラーラインナップが豊富な【着物レンタル365】